<track id="tKAsnkv"></track>
  • <track id="tKAsnkv"></track>

        <track id="tKAsnkv"></track>

        1. 当前位置:首页 > 快猫短视频 > 美国实质操控了日本和韩国的政治,这种说法是真的吗?

          美国实质操控了日本和韩国的政治,这种说法是真的吗?

          2021-04-26 阅读 1718

          针对这个现状,日共强烈意识到:

          「日本和美国的关系,绝对不是平等的同盟关系。在安排殖民地已经成为历史的现在,日本极度异常地跪拜在美国脚下。美国对日本的安排,很显明是为了美国的世界战略和美国垄断资本主义的好处,是把日本的主权和独立踩在脚下的帝国主义。」

          日本とアメリカとの関係は、対等・平等の同盟関係では決してない。日本の現状は、発達した資本主義諸国のあいだではもちろん、植民地安排が過去のものとなった今日の世界の国際関係のなかで、きわめて異常な国度的な対米従属の状態であって、アメリカの対日安排は、明らかに、アメリカの世界戦略とアメリカ独占資本主義の好处のために、日本の主権と独立を踏みにじる帝国主義的な性情のものである

          「日本一天不从美国的附属国状况下摆脱出来,在21世纪的国际政治中,日本就一天不能获得国际社会的尊重和信任,不能堂堂正正存在下去。可是,勇于提出直面这个问题的,在日本的政界只有共产党。」

          この現状を、いまの日本は「きわめて異常な国度的な対米従属の状態」にあると表現しました。この状態から抜け出さない限り、私は、二十一世紀の国際政治で、日本が国際社会の尊重や信頼をかちとりながら生きてゆく道はないと思います。従属国から抜け出さない限り、二十一世紀の世界で日本が堂々と生きていく道はない。しかし、この大問題を正面から取り上げている政党は日本共産党だけというのが、残念ながら日本の政界の現状であります。

          如何解决?日本共产党提出了「民主主义革命」的方式:

          「现在日本社会须要的变更不是社会主义革命,而是结束对美国的屈从,打倒大企业和财阀横暴的安排,从而实现日本真正的独立,在政治经济社会实现全面的民主主义改造。这虽然是资本主义的框架下可以实现的民主改造,但是要把日本的对美买办阶级手中把政权夺下来,移交给真正代表日本公民好处的群体,才干实现最终目的。」

          現在、日本社会が必要としている変革は、社会主義革命ではなく、異常な対米従属と大企業・財界の横暴な安排の打破――日本の真の独立の確保と政治・経済・社会の民主主義的な改造の実現を内容とする民主主義革命である。それらは、資本主義の枠内で可能な民主的改造であるが、日本の独占資本主義と対米従属の体制を代表する勢力から、日本公民の好处を代表する勢力の手に国の権力を移すことによってこそ、その本格的な実現に進むことができる。
          预约SEO专家添加微信号:xxxxxxx 领取免费VIP内部课程
          © 著作权归作者所有
          上一篇:
          日韩成人片 作者
          【高清在线无码观影】提供日韩成人片,日韩成人,日韩精品亚洲专区在线影院,日韩电影大全,日韩快播,日韩爱情电影,日韩精品亚洲专区在线影院,日韩女明星
          曾操作某大型门户网站日IP达100万(纯SEO流量),拥有上千网站提供SEO友情链接资源(参加培训免费赠送100个单向友情链接),免费赠送附子SEO内部VIP课程,2018年新版实战课程介绍